カードローンの在籍確認

カードローンを申し込むと、どうしても避けられないのが「審査」です。
その審査の一つとして、「在籍確認」があります。
 
在籍確認とは、申込時に申告した勤め先に「本当に勤務しているのかどうか」を確認するためのものです。
 
金融機関は「お金をきちんと返済できる人物」にカードを発行します。
つまり、勤め人であれば、毎月決まった額の収入があるため、返済能力があると判断し、その他の審査内容と合わせて審査合格か不合格を確定するのです。
 
在籍確認方法としては、主に電話となりますが、「人に知られたくない」という利用者の声にこたえる形で、会社名を名乗らずに「鈴木といいますが○○さんはおられますか」というように個人名で電話をかけ、電話を受けた人が金融機関からかかってきたという認識にならないよう配慮をしたりしてくれます。
 
また最近では、電話をかけずに書面で在籍確認を済ませるカードローン会社も出てきました。
 
では「在籍している」という判断はどこでするか、というポイントですが、電話の場合は本人が電話に出られれば問題ないのですが、それ以外は「○○は只今外出しています」等というように、会社やアルバイト先が申込者の存在を返答したらOKです。
 
また、書類の場合は、直近の給与明細や健康保険証など、会社名が明記されているものを提出すれば、OKとなるようです。(カードローン会社によって提出書類は異なります)
 
まずは申し込みの際に、勤め先名や電話番号を正しく(嘘をつかず)きちんと申告してくださいね。

このページの先頭へ