カードローンの審査について

基本的にカードローンは、20歳以上で安定した収入があれば誰でも申込が可能です。
フリーターでももちろん利用できます。
ですが、その際に気になるのが「審査にきちんと通ることが出来るか?」ですよね。
 
カードローンの審査を確実に通るためには審査基準を知り、そのポイントを把握しておくということが大切です。
 
 

他社から借入をしていないか?

同時に複数社へ申し込みをすると、それだけ返済先も増えますよね。
そうすると、金融会社は「返済が延滞したり返済不能になるのではないか」と判断し、その結果審査に落ちる、ということが起きてしまう場合があります。
 
確実に審査に通るためには、申込は一社に絞るのが良いでしょう。
また既に他社へ借入をしている場合は、一度整理し一社にまとめるのが望ましいです。
 
 

返済の延滞・支払いの滞納などをしていないか?

以前他の金融業者で返済を延滞したり、クレジットカードの支払いを滞納したことはありませんか?
こちらも先ほどと同じ理由になりますが、何度も延滞や滞納を繰り返していた場合、返済能力が低下するのではないか、とみなされる可能性があります。
 
原則、3ヶ月返済や支払いがされなかった場合はブラックリスト扱いにされてしまいますが、5年間はその記録が残ってしまいます。
そうなると審査には大分不利になりますので、支払いはなるべく早く済ませておきましょう。
 
 

限度額を多めに設定していないか?

ここでも返済能力があるかどうかを見られています。
 
年収に対して見合っていない額だと審査に落ちやすくなってしまいますので、できるだけ最小限にとどめるのがよいでしょう。
特に初めての場合は過去の返済実績などがないため、信頼を築くためにも、欲を出さず少なめにするのがポイントです。
 
 

勤続年数、年収は本当のことを書く

勤続年数、年収は多ければ多いほど「仕事を辞める可能性が低い=返済能力がある」と捉えられ有利になります。
ですが、審査に通りたいから・・・と言って嘘の情報を書くと、かえって不利になってしまうのです。
 
クレジット会社や消費者金融は、信用情報機関というところから情報を提供されていますので、ある程度の情報は知っています。
そしてそれが嘘の情報であると会社側に知られた場合、審査に落ちる可能性はぐんと上がってしまいます。
 
勤続年数は最低でも1年程あれば問題はありませんので、正しい情報で申し込みをしましょう。

このページの先頭へ